3月29日(日)

サン・ガブリエル(グラナダ)8:00→アルハンブラ宮殿→昼食(ムルシア)→(車窓からバレンシア州の城砦群を)→トリップアルムサフェス(バレンシア)着

【アルハンブラ宮殿】
(フェネラリーフェ庭園から眺めるアルハンブラ宮殿)
アルハンブラ宮殿遠景

今回のスペイン旅行で最も期待していたのが、このアルハンブラ宮殿でしたが、期待していたほど魅力を感ませんでした。
それも止むを得ないでしょう。本来なら、見て廻るのに少なくとも半日は掛かるであろうところを、僅か1時間半弱でさらっと廻っただけなのですから。
おまけに、私が一番見たかった軍事要塞部アルカサーバ(Alcazaba)がはずされ、庭と宮殿部分のみのコースだったのですからネ。
日本の城でも同じことですが、石垣や城壁は外側から見てこそ見応えがあるものですよね。せめて城外から真近にアルカサーバの城壁や搭だけでも見たかったですよ。

確かに、フェネラリーフェ(Generalife)の庭は美しかったし、宮殿内部の彫刻は繊細を極めた見事なものだったとは思いますがね。
( フェネラリーフェ庭園)
DSC07310

DSC07314

どうも私の好みは建築系ではなく土木系らしく、建物、特にその内部の装飾等々には興味が向きません。
ただ、アルハンブラ宮殿のメスアール宮の回廊から眺める「城塞都市(城下町)として発展したアルバイシン地区の丘に白い壁の家が立ち並ぶ光景」は魅力満点でした。
是非、旧市街であるアルバイシン地区を散策したかったですね。ヨーロッパは、どの国もそうですが、やっぱり旧市街が一番見どころも多く、廻ってみるのが楽しいですよね。
(メスアール宮の回廊から眺めるアルバイシン)
アルバイシン1

アルバイシン2

尚、アルハンブラ宮殿に関して詳しくは、「タクジローの日本全国お城めぐり」の「アルハンブラ宮殿」を参照下さい。

【バレンシア州の城砦群】
さて、アルハンブラ宮殿見学後は、一路バレンシアへ・・・。
出発してから30分ほどで、ムルシア州のロルカ城が見えてきます。かなり良好に残っているようですが、登城出来ないのが残念です。
(ロルカ城)
ロルカ城
そして、バレンシア州へ入ると次から次へと山の上に城塞が現れます。バレンシア州は、アリカンテ県(Alacant)、バレンシア県(València) 、 カステリョン県(Castelló)、の3つの県で構成されますが、それらのいずれの県にも多くの城塞が残っており、まさに山城の宝庫です。ただ、ほとんどが名前すら分からなかったのが残念でした。
(バレンシア州の城砦群)
DSC07411

DSC07416

尚、バレンシア州の城塞群についても、「タクジローの日本全国お城めぐり」の中の「バレンシア州の城砦群」を参照下さい。

本日の宿泊先のバレンシアの「トリップアルムサフェス」には午後6時過ぎに到着。
夕食は午後8時半頃からでした。フランスもそうですが、スペインの夜(夕食)も遅くて、今夜午後8時半頃からです。夜更かし気味の私にはピッタリです(笑)。
DSC07424

DSC07425

DSC07426

トップページへ このページの先頭へ

コメント

この記事へのコメント

名前

メールアドレス

URL

コメント