3月31日(火)

アンテマーレ(シッチェス)8:15→バルセロナ(モンジュイックの丘・ピカソ美術館・王の広場・王宮・城壁・カテドラル・カタルーニャ広場・昼食)→モンセラット観光→アンテマーレ(シッチェス)着

曇ってはいますが、何とか雨は降っていません。
旅行8日目ですが、観光は今日が最後で、実質最終日です。

【バルセロナ観光2日目】
【モンジュイックの丘】

朝、まずバルセロナの発祥の地・モンジュイックの丘へ・・・。
モンジュイックの丘は、1992年のバルセロナオリンピックの時の会場だったそうで、多くの競技場があり車窓から眺めることができました。
(オリンピックスタジアム)
オリンピックスタジアム1

オリンピックスタジアム2


かつて、モンジュイックには城が築かれていました。今は軍事博物館が建っているそうで、是非見学したいところですがなし(/。ヽ)。
城が築かれていただけあって、丘の上からは、バルセロナが一望の下に見下ろせます。
DSC07615

遠くに、サグラダファミリアも見えますが、天候がもう一つなのが残念です。
DSC07614

次に向かったのはピカソ美術館ですが、ピカソの絵は、私には、やはり不可解で良く分かりません。
DSC07621

(バルセロナ旧市街ゴシック地区)
(旧市街へ向かう)
その後、旧市街観光です。 旧市街は、中世の町並みが残っていて楽しく散策できます。
旧市街でも最も古い地区が「ゴシック地区」で、王の広場/王宮、そしてローマ時代の城壁や城門も一部残っており、カテドラルも立派です。
旧市街へ1

DSC07643

(旧市街に残る城壁)
旧市街には、他にも多くの城壁や搭が残り、中世建築に見事に活用されている。ゴシック地区の通りには、様々な時代の堆積物が層を成し組み合わされた建築物があり、現代の建築物と、ある種の調和を生み出していて、それらを見ながら楽しく散策できます。
旧市街の城壁

(王の広場/王宮)
王の広場とは、ゴシック様式の建築群に囲まれた四角形のエリアで、ゴシック地区の歴史や景観を象徴するスポットです。
広場を囲むように建つのは、14世紀に建てられたレイアール・マジョール宮殿です。ここには、レコンキスタによって1492年にグラナダのアルハンブラ宮殿に残っていた最後のイスラム王朝を陥落させ、スペインを統一した“カトリック両王”イサベル女王とフェルナンド王が住んでいました。
「新大陸」から戻ったコロンブスが王様に謁見した歴史の舞台であり、最初の航海から帰国した際にこの王の広場にやってきて、宮殿の『ティネルの間』でカトリック両王に謁見、航海の成功を報告したのです。
王の広場1

王の広場2

(ノヴァ広場前の搭)
バルシーノへの主要道の市門が開いていた場所に建つこの2本の搭は、市門の両側を固めていた搭です。 その搭の下から3分の1は、ローマ時代の石積みだそうです。現在、1つは修理中でした。
DSC07660

(城壁)
ノヴァ広場から見て左側の搭から大聖堂(カテドラル)前の広場まで続く助祭長館(アルセディアーノ)は、 ほぼ10m間隔で建つローマ時代の搭3本と城壁をそのまま活用して建てられた中世建築だそうです。
DSC07655

さらに、城壁は大聖堂(写真中央の尖搭の建物)前広場で切断されたあと、 1400年に建てられた司教座聖堂参事会館(ラ・カノンジャ)の基底部へと続いています。
DSC07658

DSC07670

(カテドラル)
カテドラル

(カテドラル内部)
DSC07653 DSC07654

(カタルーニャ広場)
カタルーニャ広場はバルセロナのほぼ中央、旧市街地と新市街地の境界に位置しバルセロナの中心と考えられています。 観光地でもあり、また都市交通の拠点でもあり、グラシア通り、ランブラス通りなどの主要道路が交差しています。
カタルーニャ広場

(ランブラス通り)
ランブラス通りはバルセロナを代表するメインストリートで、カタルーニャ広場からコロンブスの塔まで続く並木道です。ランブラス通り周辺は、アートや建築物、新しいものから古いものまで、見所がいっぱいのエリアで、夜遅くまで賑わうこの通りは目的も無くぶらぶらするには持って来いだそうで、バルセロナに到着したらまず繰り出すことがお薦めなのだそうです。午後のオプション「モンセラット観光」を止めて、このランブラス通り周辺等々、バルセロナの街を自由に廻るべきだったと後悔しています。
ランプラス通り

昼食は、「パエリア」でしたが、はっきり言って不味かったヽ(`⌒´)ノ。日本にあるスペイン料理店のパエリアの方が遥かに美味いです。それどころか、日本のオジヤの方が美味いです(苦笑)。 折角、本場スペインなのに、もう少し美味しい店で食べさせて欲しかったですネ。
DSC07675 DSC07673

DSC07672 DSC07674

【モンセラット観光】
午後からはオプションの「モンセラット観光」ですが、バスに乗った頃から雨が降り始めました(/。ヽ)。
モンセラットは強烈な崖の山の上にありますが、悪天候のため、山がよく見えないのが残念でした。
それにしても、こんな強烈な山の上に修道院を建てるなんて・・・。また、こんなところまで巡礼の人が歩いて登ってくるなんて・・・。
日本の寺院も、比叡山や高野山等々、高い山の上に建てますが、ここはそれを遥かに超える厳しい山です!
(車窓から)
DSC07689

DSC07690

(到着)
DSC07691

DSC07693

(見下ろす)
DSC07692

(修道院)
DSC07702 DSC07706

DSC07708 DSC07709

DSC07710 DSC07712

修道院のあるところからさらに、傾斜40度以上ある急崖をケーブルカーが張り付くように登っている。見た目には、ほとんど垂直だ!乗ってみたかったが、時間的に無理!!
(ケーブルカー)
DSC07715 DSC07698

モンセラット観光が終わり、ホテルに戻ったのはPM8時前。
そしてスペインでの最後の夕食はポークメニュー。
DSC07740

DSC07741

さあ、いよいよ明日は帰国です。あっという間の10日間でした。

トップページへ このページの先頭へ

コメント

この記事へのコメント

名前

メールアドレス

URL

コメント