2012/06/02(土)午後

【午後】 ザルツブルク市内観光(ミラベルル庭園、メンフィスベルクの丘、ゲドライデガッセ、モーツアルトの生家、レジデンス広場、ホーエンザルツブルク城

【ザルツブルク観光】
午後は、ザルツブルク市内観光です。
ザルツブルク新市街へ到着し、バスから降りると、町の背後の山の上にホーエンザルツブルク城が見えて、何となくわくわくしてきました。
ザルツブルク城遠景を
ミラベル庭園まで歩くと、庭園前に「Sound of Music」と書かれた黄色いバスが停まっていました。このバスは、市街をかなりの台数が運行しているようでした。まさに、ザルツブルクは、今なお「Sound of Music」を売りにしている町のようだ。
サウンドオブミュージクバス

(ミラベル宮殿と庭園)
さて、ミラベル庭園内へ入園すると、そこには美しい庭園が広がっていました。
IMG_2509

IMG_2518

DSC03636

(ミラベル庭園からホーエン・ザルツブルク城を)
そして、この庭園から遠くに見えるホーエンザルツブルク城や大聖堂とのコラボが素晴らしいです。
ミラベル庭園とザルツブルク城1

ミラベル庭園とザルツブルク城2

(シュターツ橋の色とりどりの南京錠)
次に向かったのは「メンフィスベルクの丘」ですが、ザルツァッハ川に架かるシュターツ橋を渡り、旧市街へ向かうと、橋の欄干の金網に色とりどりの南京錠がびっしりとかかっています。
以前、テレビで見たことがあるような気がしますが、ここではなかったと思います。
映画で「カップルの名が書かれた南京錠を橋にかけると願いが叶う」というシーンがあったようで、それをまねしてやっているようで、他愛もないが、面白いですネ(*^_^*)。
シュターツ橋南京錠

(シュターツ橋から眺めるホーエン・ザルツブルク城)
尚、橋の上から眺めるザルツブルグ城もなかなかいいです。
シュターツ橋からザルツブルク城を

(メンフィスベルクの丘)
「メンフィスベルクの丘」へエレベーターで上がったのも、興味深かったですね。
丘の上から眺めるザツルブルク城と眼下に広がる旧市街、その背後の山並みの景色は実に素晴らしいです。
IMG_2554

IMG_2563

本当は、ここから尾根の上を歩いてザルツブルク城まで行けるらしいのですが、パック旅行の身の上です。勿体なくも、景色を見ただけで、再び、エレベーターで降りることになりました(;>_<;)。

(ゲトライデガッセ)
次は、ザルツブルク旧市街の目抜き通り「ゲトライデガッセ」です。「ゲトライデガッセ」は、道の両側に美しいショーウインドーと鉄細工の看板に飾られた店が連なっていますが、この光景もテレビでよく見ますね。
家内は、この「鉄細工の看板」が好きで、ドイツのローテンブルグへ行った時も、散々写真を撮りまくっていましたが、やはりここでも・・・(*^_^*)。確かに、こういう通りの光景って歩いていても楽しいですよネ。
IMG_2569

IMG_2570

IMG_2571

(モーツアルトの生家)
その後、「モーツアルトの生家」を見に行きましたが、家の前は大変な人の数で写真を撮るのも大変です。
IMG_2574

(レジデンツ広場)
その後、レジデンツ広場に到着し、ここで、やっとフリータイムになりましたが、許された時間は僅か50分です。
是非、「ザルツブルク城」に登りたいところですが・・・。
現地ガイドさんに所要時間を尋ねると「ケーブルカーの山麓の駅と山上の駅間は2~3分程度で、10分毎に出ているので、待ち時間は最大10分だそうです。城内の美術館などの建物内へ入ると無理ですが、山上の城をめぐるだけなら、50分あれば大丈夫だろう」ということです。
そこで、取り敢えずレジデンツ広場周囲の「大聖堂」、「レジデンツ」、「新レジデンツ」等の写真を・・・。
(大聖堂と旧レジデンツ ~レジデンツ広場にて~)
大聖堂と旧レジデンツ

(新レジデンツ ~レジデンツ広場にて~)
新レジデンツ

(ホーエン・ザルツブルク城へ)
そして、大急ぎでケーブルカーの駅へ向かうと、山上のザルツブルク城が大きく見え、頭上にのしかかってくるような迫力があります。
(レジデンツ広場から見上げるホーエンザルツブルク城)
IMG_2603

山麓駅で、大慌てで往復チケットを購入してケーブルカーへ乗り込みました。一緒に乗った小さな子供連れの夫婦も日本人でしたが、フリーの旅のようで羨ましい。
ケーブルカーは、2~3分ほどで発車!「よし!順調だ」と心の中で・・・。
別の車両には、若い日本人と現地の人らしい人たちが、サッカー談義をし、「ジャパニーズ メッシ。シンジカガワ!」という大きな声が聞こえて来ました。ヨーロッパでの香川真司の知名度はかなりのもののようで、何となく嬉しくなって来ます(*^_^*)。

(ザルツブルク城から見下ろす旧市街)

山上駅に到着後、まずは眼下に広がるザルツブルクの町並みと背後に聳えるアルプスの山並みの景色を写真に撮りました。先程の「メンフィスベルクの丘」からの眺望も素晴らしかったですが、こちらの眺望はさらに素晴らしいです。
ザルツブルク城からの眺望

その後、駆け足混じりの大急ぎで「城内めぐり」を・・・。遠くから眺める城の全体像も悪くはありませんが、やっぱり岩や石積みの城壁、空堀、見張り台等々を間近で見るのは現実感?が味わえて、さらに興味深いデスネ。
城2

城3

城4

城5-1 城5-2

城6-1 城6-2

詳しくは「タクジローの日本全国お城めぐり」の番外編「ホーエン・ザルツブルク城」を参照してください。
時間は少ないものの、思ったよりも見て回ることができましたが、家内は、やたらと時間を気にしています。 私が「集合時間の20分前に山上駅に行けば、充分、間に合うから」と言うのですが・・・。
まだ集合時間まで25分以上あったので、城の裏手側のテラスへ向かいましたが、家内は山上駅に向かって行きました(苦笑)。
城の裏手のテラスへ出てみると、ここからの景色が、また素晴らしい。
おまけに、眼下には「サイレンス オブ ミュージック」でトラップファミリーの家として使われた「レオポルツクロン城」の綺麗な姿が見えるではないか。実は、この城は、訪れたかったのですが、諦めた城なのです。
IMG_2667_1
折角だからと、家内を呼びに行きました。
ところがところが、その綺麗な建物は「レオポルツクロン城」ではなかったことが帰国してから判明したのです(;´▽`A``。実際の「レオポルツクロン城」は、その右奥の建物だったのです w(*゚o゚*)w。あの綺麗な建物は一体何でしょうか???
(謎の豪華建物をズームアップ)
IMG_2668


それはさておき、その後、大急ぎで山上駅へ行きました。
ところが、この駅が、先程降りた駅と違うような気がしないでもない?? ここから階段を降りてケーブルカーのところまで行くのだろうかと思い、待ち時間を見ると10分となっています。
ところが、2~3分待っても、待ち時間が10分のままです。
その内、やっと時間が経ち、改札から入ろうとすると、切符が違うというのです?(;´▽`A``?。何と、ここは美術館への入口だったのです( ̄ー ̄;。
もう集合時間まで15分弱しかありません。大急ぎで、別の山上駅へ行き、ケーブルカーに乗車( ̄ー ̄;。
10分待ちでなければよいがと思い待っていると、2~3分ほどで発車しました。ホッ。
山麓駅に着くと、ジャスト集合時間です(;´▽`A``。
同じツアーの皆さんに合わす顔がありません。走って走って、集合場所まで着いたら5分弱の遅れでした。皆さんに平謝りです(;´▽`A``。
今回の旅行では、何度も失敗をやらかしてしまいましたが、最初の失敗談です( ̄ー ̄;。

トップページへ このページの先頭へ

コメント

この記事へのコメント

名前

メールアドレス

URL

コメント