高雄山神護寺」、「栂尾山高山寺」とともに三尾の名刹として知られる紅葉の名所

本堂 表門
OLYMPUS DIGITAL CAMERA          62さ西明寺951119

正式名称

槙尾山 西明寺 (まきおざん さいみょうじ)

別名

西山槇尾 平等心王院 (にしやままきのお びょうどうしんのういん)

所在地

京都市右京区梅ケ畑槇尾町2

宗派

真言宗大覚寺派

山号

槙尾山

本尊

釈迦如来(重要文化財)

開基

伝・智泉

文化財等

【重要文化財】 木造釈迦如来立像、木造千手観音立像

拝観

【拝観時間】 9:00~17:00
【拝観時間】 大人500円、中学生400円、小人無料

撮影日

1995/11/19

歴史等

高雄山神護寺」、「栂尾山高山寺」とともに三尾の名刹として知られる。寺伝によれば、天長年間(824~834)に空海(弘法大師)の弟子智泉法師が神護寺の別院として創建したのにはじまる。
その後荒廃したが、建治年間(1175~1178)に和泉国槙尾山寺の我宝自性上人が中興し、本堂、経蔵、宝塔、鎮守等が建てられた。正応3年(1290)神護寺より独立した。
永禄年間(1558~70)に兵火にあって焼亡したが、慶長7年(1602)に明忍法師により再興された。
現在の本堂は、元禄13年(1700)徳川綱吉の生母桂昌院の寄進により再建されたものである。
『現地説明板他より』

現況・訪問記・感想等

三尾といわれる「高雄山神護寺」、「栂尾山高山寺」、「槙尾山西明寺」は、京都市内とはいえ、市街地からは離れている上、紅葉の季節は非常に混雑するので、京都在住の三年間にも一度しか訪れたことがない。
それも、交通渋滞と駐車場確保のために、早朝に出掛けたので、あまり陽も射さず、折角の紅葉ももう一つだった。尤も、その年(1995年)の京都の紅葉は、他もあまり良くなかった記憶があるが・・・。
いつか、光あふれるもとで、見てみたいと思ってはいるが・・・。なかなか( ̄ー ̄;。

ギャラリー

62さ西明寺2 62さ西明寺

トップページへ このページの先頭へ

コメント

この記事へのコメント

名前

メールアドレス

URL

コメント